HOMEプロジェクターの明るさについて

プロジェクターの明るさについて

プロジェクターの明るさ

プロジェクターのランプは明るさが機種によって違います。
明るさはルーメン(Ansi [アンシ] ルーメン)という単位で表され、
数値が大きくなるほど明るくなります。

スクリーンとランプの明るさ ルーメンは明るさの単位で大きいほど明るくなります

特徴

 

暗い  sukuri-nn2.gif  明るい

プロジェクターの
明るさ

1000 2000 3000 5000 7000

部屋の明るさ

暗くする  sukuri-nn3.gif  明るくても映る

スクリーン

60〜80インチ 80〜100インチ 150〜200インチ 200〜300インチ

会場

小規模会議室    中規模会議セミナー 大会場ホール・学会

人数

20〜50人 50〜100人 100〜200人 200人以上

これらは目安です。投射する内容などによっても、見え方は変わります。

プロジェクターが明るいほど、明るい場所でも映り、大きいスクリーンに映せるようになります。
但し、明るさに比例してプロジェクター本体は大きくなり、値段も高くなります。
また太陽光は明るいので、昼間の屋外ではほとんど映りません。


プロジェクターの解像度

映像をどれだけ細かく表示できるかを○○×○○ドットと数値で表します。

精細度

3対4のモニターの例

sukuri-nn4.gif

UXGA

1600 × 1200 ドット

SXGA

1280 × 1024 ドット

XGA

1024 × 768 ドット

S-VGA

800 × 600 ドット

VGA

640 × 480 ドット

SXGA XGA がノートパソコンの主流です
研修会ではXGAフル対応の機材で
2000lm以上の機材がお勧めします!
S-VGAフル対応の機材でXGA SXGAを
映し出すと画像のハリが緩くなります


■ 現在のパソコンの解像度の調べ方 ■
sukuri-nn5.gif

投影するデータが細かい文字や表などがある場合は
高い解像度に対応したプロジェクターをおすすめします。